ルナリンコの年中お役立ち情報

このサイトでは、毎月のお役立ち情報やイベント情報、ルナリンコが生活の中で困って調べた知識について書いています。

8月行事 紫外線

赤ちゃんに紫外線対策は必要?安全で効果的な方法をご紹介。

投稿日:

            shigaisen

紫外線が気になる季節が着実にやってきています。

大人は化粧品などにそもそもUVカット機能が含まれていることもありますが
外出するときに「あれ、赤ちゃんにも日焼け止めって必要かな?」と疑問に
思ったことがあるのではないでしょうか。

実は赤ちゃんにこそ紫外線対策は必要。
その理由や安全で効果的な方法が何かを紹介いたします。

スポンサードリンク

赤ちゃんに紫外線対策は必要?

以前、日光浴は骨の成長のために、必要なビタミンDをつくる働きを
助けるとして推奨されていましたが、今では食生活からもビタミンDを摂取する
ことができる事と、1日15分程度の紫外線を浴びる事で十分とされています。

紫外線を浴び続けると、皮膚の細胞の核の遺伝子が傷ついてしまいます。
ある程度は細胞も修復しますし、再生もされますが、いくたびも繰り返し
遺伝子を傷つけると、細胞の再生が正しく行われなくなることがあり、
そのために皮膚がんになることがあります。

また乳児は肌が薄く、バリア機能もまだまだ未熟です。
そのため、紫外線のダメージを大きく受けてしまいます。

この時期にきちんと紫外線対策をしておかないとダメージが蓄積され、
将来シミやしわ、皮膚がんや、目に紫外線を浴びることで白内障の
リスクが高くなってしまいます。

乳児期の紫外線対策は意外としていない事が多くみられますが、
後々のことを考えれば紫外線対策は必ずしておいた方がよいと言えます。

赤ちゃんの紫外線対策に安全で効果的な方法をご紹介。

赤ちゃんの紫外線対策にはいったいどんな内容が効果的なのでしょうか。
じつは特別なことをしなくても、少しの意識で紫外線対策ができることもあります。

・外出するときにはつばが広めな帽子をかぶる
・ベビーカーの日よけを使う
・薄手でも上着を羽織らせる(直射日光にくらべて約30~50%防げるとのこと)
・紫外線の多い10時~14時の間は避ける

スポンサードリンク

これらのことは特別な何かを用意しなくても、
すでに持っているものですぐに対策が可能です。

他にある紫外線対策としては

・UVカット機能のある衣類を着せる
・子供用の日焼け止めを使う

などが効果的です。

特に子供用の日焼け止めはこれからの季節に買っておきたいもの。
ではいったいどんなものを選べばよいのでしょうか。

◎子供用の日焼け止めについて

子供用の日焼け止めは、肌に負担が少ないため
月齢が低い場合には薄く塗るなどをすれば使うことができます。

また、できるだけノンケミカルのものを選ぶと良いでしょう。

多少金額は大人の日焼け止めよりは高くなりますが、UVと虫よけを
あわせもつスプレーなどもあり、成分は天然アロマを使用しているものなどは
体にも優しく、安心して使うことができます。

他にも赤ちゃんの肌を守るために保湿性に富んだ天然成分などが
配合されているものもあり、外遊びが好きで出かける機会の多い
小さなお子さんがいるご家庭ならば1つは買っておくと便利でしょう。

また塗る際には薄めに塗り、2時間くらいしたらまた塗りなおしてあげる
などする手間をかけてあげることも大切
です。長時間外遊びや外出をして
歩く際には気にかけてあげましょう。

今はわからなくても、これから先に「あの時ちゃんとケアしてあげればよかった」と
後悔しないためにも、紫外線対策はきちんと行ってあげることが大切といえます。

まとめ

私は去年、娘と息子を外遊びさせるときに、特に対策もしていませんでした。

調べながら、ああ、ちゃんと紫外線対策をしてあげるべきだった・・・
とさっそく後悔しております。

それでも暑すぎる時には外には出ませんでしたが、
やはり対策はこれからしなければなりませんね!

外遊びは子供の発達や健康のためにも大切です。
だからこそ、肌トラブルなどからも守るために
万全を期していた方がいいことには変わりありません。

もし、まだお子さんの紫外線対策をしていなかった人は
これから始めてくださいね。

スポンサードリンク

-8月行事, 紫外線
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

06-0027hanabi

花火大会の由来と歴史、一般的な開催時期は?日本三大花火もご紹介

      スポンサードリンク 夏の風物詩、花火と浴衣。花火はいつ頃日本に伝わってきたのでしょう。 そしてその由来にはどんな意味があるのでしょう。 今回は、花火大会の由来と有名な全国の花火大会について …

06-0020bia

ビアガーデンでビールが飲めない人は行かない?楽しみ方をご紹介。

      ビールに限らずアルコールは嗜好品です。 スポンサードリンク 付き合い程度なら飲める人、体質的に飲めない人、 ビールだけは飲めない人など理由は様々です。 しかし、職場の付き合いや仲間同士でビ …

07-0005jiyuukennkyuu

中学生が夏休みの自由研究を簡単に終えるコツは?厳選テーマもご紹介。

      スポンサードリンク 中学生の夏休み、子供にとっては楽しみでもあり、 宿題が面倒くさい時期でもあります。 しかし、きちんとやることは将来大人になって 仕事をするときに必要になるもの。 自由研 …

kabutomusi

カブトムシの一生は?幼虫と成虫のよく育つ飼育法をご紹介。

      スポンサードリンク カブトムシを知っていても、その一生は知っているでしょうか? いざ育ててみようと思うと、まずは知識も必要です。 どんなものが必要で、どんな経過をたどって 立派なカブトムシ …

bonn

盆踊りの歴史と由来は?意外と知らないルールやマナーもご紹介。

      スポンサードリンク 夏になると屋台が並んだり、にぎやかな音楽と一緒に盆踊りがやっている・・・ という光景に参加したことのある人は割と多いのではないでしょうか。 私も小さい頃、お祭りが好きで …