ルナリンコの年中お役立ち情報

このサイトでは、毎月のお役立ち情報やイベント情報、ルナリンコが生活の中で困って調べた知識について書いています。

8月行事 紫外線

紫外線対策をする深刻な理由は?いつからするの?代表的な方法もご紹介

投稿日:

            shigaisen

これからの季節にかけて紫外線が気になってきますが、
普段から対策はしているでしょうか?

紫外線の種類や強くなる時期なども知っておくと
適切な対応ができるようになります。

今回は紫外線をしたほうがいいのは何故なのか、
またいつからどんな方法でするのかを紹介していきます。

スポンサードリンク

紫外線対策をする深刻な理由は?

紫外線は目に見えないものですが、外に出れば太陽光線から紫外線を浴びています。
この紫外線が「日焼け」の原因となります。

紫外線にはUV-A・B・Cの3つの種類があり、それぞれ波長の長さが異なります。

日焼けを引き起こす紫外線はA。肌の奥の真皮に達し、コラーゲンなどを壊し、
しわなどの老化現象の原因となります。

ただしこのUV-Aに関してはあたってすぐに肌に変化があるわけではなく、
じわじわと影響します。このUV-Aはオゾン層を通り抜けやすく、UV-Bに比べて
約20倍も地上に降り注ぎます。

窓ガラスなども通過しやすい性質なので、
曇りの日や日の光が家に入る時にも対策が必要となります。

もっとも深刻な被害を与えるのが紫外線B。
特に紫外線Bは強く浴びることで、皮膚がんの原因になったり、
目の水晶体を濁らせて白内障にする原因
となります。

他にも日焼けトラブルや肌の炎症、しみ、そばかすの原因になります。
有害性でいうと紫外線Aの600~1000倍も有害性があるといわれています。

ただし、オゾン層や雲に阻まれることで、地上に降り注ぐ紫外線全体の
約10%ほどとしかありません。日傘や直接日光に当たらないことで
UV-Bはある程度防ぐことが可能です。

しかし紫外線Bの量が増えてしまう原因に、
「オゾン層」の破壊が関わっています。

このオゾン層が破壊されることで紫外線Bの量が
増えてしまうというのが最大の問題です。

スポンサードリンク

UV-CはUV-Bよりも有害な紫外線ですが、
通常はオゾン層によって吸収され、地上に届くことはありません。

ただ、問題のオゾン層の破壊によって、
UV-Cの危険性も考えなければならない時がくるかもしれません。

紫外線対策はいつからするの?

紫外線は実は種類によって強くなる時期が違います。

UV-Aの場合には、4月から8月にかけて多くあり、
特に一番多いのが5月
といわれています。

しかし、UV-Aは一年中降り注いでいるので、
冬でもいつでもUV-Aについては対策をしなければなりません。

一方UV-Bは5月から強まり、6月~8月がピークになります。

つまりUV-Aは一年中、UV-Bは5~8月の間に
対策をしなければならないということになります。

紫外線対策の代表的な方法をご紹介。

一般的紫外線対策は

・UVカットの日焼け止め
 (肌全体に塗る事でUVカット効果があり、化粧下地クリームに
  UVカットの成分が入っていることもあります)

・帽子
 (頭皮や髪の毛も紫外線から守り、また顔も紫外線からまもってくれます。
  つばのあるものだと顔も守りやすいでしょう)

・サングラス
 (目を紫外線から守るためのUVカットのサングラスやメガネの使用ができます)

・日焼け止めのためのアームカバー
 (車の運転時などに手袋をしている人もいるかもしれませんが、
  腕に当たる日の光の紫外線から肌を守ります)

・車の窓ガラスなどにUVカットフィルムを貼る
 (年式にもよりますが、標準でUVカットガラスの場合もあります)

他には夏などの日差しが強い時には薄手のカーテンを引いておいたりすることで
室内への紫外線の影響を減らすことが可能です。

まとめ

実は私はかなりの面倒くさがりなので、
化粧もしていない時が多いのです・・・

そのため紫外線対策はかなり適当!
調べていて「ああ、ちゃんとしないとな」と改めて認識しました。

若いうちには何も感じなくても、年齢を重ねるごとに
しみやたるみなどの引き金になっていると知るとぞっとしますね。

まだ若くて「紫外線なんて平気!」と思っている人がいたら、
若さに慢心せず、是非紫外線対策をしてくださいね。

スポンサードリンク

-8月行事, 紫外線
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

06-0027hanabi

花火大会で人気の弁当のおかずや便利グッズ、場所取りの注意点は?

スポンサードリンク 今年も花火大会のシーズン到来です。 浴衣や席を取るためのレジャーシートなど色々準備が必要です。 大会当日は大変な人ごみとなるので、何が起きるか分かりません。 そこで、今回は花火大会 …

07-0005jiyuukennkyuu

小学生の夏休みの自由研究を早く終えるには?厳選テーマもご紹介。

      スポンサードリンク 夏休みの宿題で頭を悩ますもののひとつに「自由研究」があります。 何をしたらいいか考えているうちに時間だけが経ち、結局ギリギリに・・・ という子や、ちょっと興味のあること …

06-0027hanabi

花火大会に女性から誘う効果的な方法。服装等や告白のタイミングは?

      スポンサードリンク 夏は海に山へのリゾートへレジャーに行く機会が増えます。 リゾート地での花火大会は日常を離れ、つかの間の恋のチャンスです。 今回はリゾートでの花火大会で女性から恋の機会を …

kabutomusi

カブトムシの一生は?幼虫と成虫のよく育つ飼育法をご紹介。

      スポンサードリンク カブトムシを知っていても、その一生は知っているでしょうか? いざ育ててみようと思うと、まずは知識も必要です。 どんなものが必要で、どんな経過をたどって 立派なカブトムシ …

shigaisen

赤ちゃんに紫外線対策は必要?安全で効果的な方法をご紹介。

             スポンサードリンク 紫外線が気になる季節が着実にやってきています。 大人は化粧品などにそもそもUVカット機能が含まれていることもありますが 外出するときに「あれ、赤ちゃんにも …